まず資格試験アンケート調査の働く場所についてですが

雇用先は主に大手の予備校・進学塾・資格学校などになるのですが、働く場所に関してはそれぞれの雇用先ではなく国家試験が行われる会場の近辺になります。

国家試験の中でも特に難易度が高い試験の場合は、不合格になっても簡単に諦めることなく数年から10年ほどかけて繰り返し受験を繰り貸すことも珍しくはなく、受験者は高い志を持ち受験に挑んでいます。

そうした受験者が一次試験を受ける場所が調査員の働く場所になり、 具体的な業務内容としてはアンケート調査を行う中で相手の氏名・住所・電話番号などの個人情報から出身校などについても細かく聞き出します。

最近では個人情報の取り扱いについては規制がありますが、この仕事においては相手の任意の元で聞き出すため問題はなく、一次試験が開催されるその日のみの単発の仕事になります。

ここで得られた情報は、その後受験生が二次試験に進む際に利用する試験対策講座の案内のために使われる事になり、予備校にとっても受験生にとっても有益なものになります。

また資格試験アンケート調査として働くことのメリットについてですが、試験が行われるその日のみ働く単発の仕事になりますので、自身の予定が開いていればポイントで働くことができ、また日給も高めに設定されている点もメリットとなります。



Copyright (C) チャットレディと他のアルバイトの比較サイト All Rights Reserved.