まず飲料販売促進の働く場所についてですが

スーパーや小売店などが職場として挙げられ、スーパーの食肉売り場ではよくウィンナーなどの販売促進でその場で焼いてお客さんに提供しているのを見かけますが、職種としては似たものとなります。

続いて具体的な業務内容についてですが、これについてはそれぞれの飲料メーカーによりどのような販売促進が行われるかはいくつかのパターンに分かれており、小さなカップに飲料をついで試飲としてお客さんに配布することもあれば、その場で簡単なゲームを行う場合もあります。

ゲームは販売している飲料を購入してくれたお客さんを対象としたもので、くじ引きやルーレットなどを行い、あたりを引いたお客さんに景品を提供する事になります。

また飲料販売促進として働くことのメリットについてですが、こうした販売のアルバイトの場合は自身で販売した数に応じて給料が変わる出来高制の所もあるのですが、販売促進では少々異なります。

このアルバイトは商品の販売ももちろん重要になりますが広告といった意味合いもありますので、販売数が少ない場合でも給料が落ちることはありません。

つまりノルマが定められてそれを超えるまで販売が強制されるわけではなく、その点は仕事をする上でのメリットになります。



Copyright (C) チャットレディと他のアルバイトの比較サイト All Rights Reserved.